黙示録 2:18-3:6

「ただ、あなたがたの持っているものを、わたしが行くまで、しっかりと持っていなさい。」(2:25)

私たちは理解できないことのゆえに、理解していることを手放す必要はありません。タイヤのビスが一つ外れたからと言って、全部外す必要はありません。この世界には理解できないことがたくさんあります。しかし、だからと言って、イエス・キリストの福音を手放す必要はありません。ナチスの強制収容所の中で精神科医のフランクルはこんなことを学んだと言います。

「どのような状況になろうとも人間にはひとつだけ自由が残されている。それはどう行動するかだ。」

聖書は

「持っているものを、しっかりと持っていなさい」

と言います。

「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。」(ヨハネ3:16)。

キリストを信じる者は永遠のいのちを持っています。

黙示録 2:1-17

「わたしは、あなたの行ないとあなたの労苦と忍耐を知っている。」(2:2)

信仰義認。私たちは行いによってではなく、ただ神の恵み、イエス・キリストの十字架の御業によって救われます。しかし、それは、私たちの行いがどうでも良いという意味ではありません。聖書も言います。

「私たちは神の作品であって、良い行ないをするためにキリスト・イエスにあって造られたのです。神は、私たちが良い行ないに歩むように、その良い行ないをもあらかじめ備えてくださったのです。」(2:10)

問題は、あらかじめ備えられた良い行いに歩むことが、必ずしも容易いこととは限らないということです。備えられた良い行いに歩むために、労苦と忍耐が求められます。それは誰にも評価されない歩みのように見えるかもしれません。しかし主は

「わたしは、あなたの行ないとあなたの労苦と忍耐を知っている。」

と言われます。

からだのかなめ

先週火曜日は玉川聖学院でリラとしてクリスマスコンサートを行ってきました。無事コンサートを終え帰宅したのですが、数時間立ちっぱなしで歌っていたせいか腰のあたりに少し違和感がありました。一晩眠れば治るだろうと早々にその日は就寝したのですが、次の日、ベッドから起き上がろうとした瞬間腰にかつてないほどの激痛が走ったのです。少し体を起こした態勢だったので、向きを変えようと思ったのですがとにかく痛くてどこにも身体の方向を変えることができません。その日は一日中ベッドに横たわって痛みに耐えるしかありませんでした。夕方ごろからは熱も出始め、寒気と身の置き所のなさと痛みとでかなりつらい時間を過ごしました。腰を痛めると、何もできないのですね。まさに体のかなめ。そしてこうも思ったのです。{信仰のかなめはイエス様だ。}イエス様がかなめとなっていなければ信仰生活においても本当の意味で何もできない、ということだと思います。私たちの、そして教会のかなめがイエス様になっているかどうかが「要」ですね。(小山晶子牧師婦人)

黙示録 1:1-20

「神である主、常にいまし、昔いまし、後に来られる方、万物の支配者がこう言われる。「わたしはアルファであり、オメガである。」」(1:8)

「主」は神の名前、「ヤハウェ」のことだと考えられます。出エジプト3章に出てくる「わたしはある」という名前です。英語のBE動詞に当たる単語で、存在を意味します。常に存在するという意味です。昔おられ、今おられ、やがて来られる方と言う意味です。「アルファ」はギリシア語のアルファベットの最初の文字、「オメガ」は最後の文字です。ですから、「はじめから終わりまで存在する方」であることを意味しています。聖書は神の存在証明をしません。なぜなら「ヤハウェ」は「神である」、聖書の神は「存在される方」、自立自存の神だからです。この方は、「万物の支配者」、「全能者」、不可能はない、力ある神です。

今日は主の日。共に主に礼拝を捧げましょう!

ユダ 1-25

「あなたがたを、つまずかないように守ることができ、傷のない者として、大きな喜びをもって栄光の御前に立たせることのできる方に、すなわち、私たちの救い主である唯一の神に、栄光、尊厳、支配、権威が、私たちの主イエス・キリストを通して、永遠の先にも、今も、また世々限りなくありますように。アーメン。」(24,25節)

神は私たちがつまずいたり、倒れたりしないように守ってくださるお方です。しかしだからと言って、私たちの側が何もしなくて良いということではありません。直前の20,21節にこう書いてあります。

「あなたがたは、今のきよい信仰を土台として、自分の生活をしっかり打ち立てなければなりません。そして、聖霊の力と励ましを受けて祈り、いつも神の愛のうちにいなさい。そうすれば神から祝福がいただけます。永遠のいのちに至らせる、主イエス・キリストの恵みを待ち望みなさい。」(LB)

3ヨハネ 1-14

「愛する者よ。あなたが、たましいに幸いを得ているようにすべての点でも幸いを得、また健康であるように祈ります。」(2節)

この箇所は「三拍子の祝福」と呼ばれます。聖書の神は、私たちがたましいの救いを得るだけでなく、すべての点でも幸いを得、健康であることを願われているお方です。「シャローム」という単語には、健全、全体的という意味があります。ですから、イエス・キリストが約束された「平和」(シャローム)とは、単に争いがないということではなく、全人格的な祝福を意味します。この全人格的な祝福を「祈ります」とあるように、私たちは互いの祝福を祈り合う姿勢が大切です。

「神様、どうか愛する兄弟姉妹のたましいが幸いを得ているように、すべての点でも幸いを得させてください。経済的にも祝福してください。そして、健康でありますように。」

2ヨハネ 1-13

「だれでも行き過ぎをして、キリストの教えのうちにとどまらない者は、神を持っていません。その教えのうちにとどまっている者は、御父をも御子をも持っています。」(9節)

私たちの信仰の土台はいつも聖書である必要があります。行きすぎをして、聖書以外のものを読み込むということはとても危険なことです。聖書に書いてあることよりも大事な教えがあるというならば、それは、

「神様をないがしろにしている」(LB)

ことだと聖書は言います。

「聖書は、誤りなき神の言葉である」

と信じ、この教えのうちにとどまる人にこそ、

「御父も御子もおられます」(新共同訳)。

いつの時代も、聖書の教えと異なるものを聖書を利用して教える人たちがいます。ですから、私たちはいつも、バック・トゥー・ザ・バイブル、聖書に戻ることが大切です。その判断のためには聖書全体の流れを理解することが重要です。

1ヨハネ 5:1-21

「そのあかしとは、神が私たちに永遠のいのちを与えられたということ、そしてこのいのちが御子のうちにあるということです。御子を持つ者はいのちを持っており、神の御子を持たない者はいのちを持っていません。」(5:11,12)

これほど明確な文章はないと思います。LBではこう訳しています。

「神の言われたこととは、神が私たちに永遠のいのちを与えてくださったこと、そして、永遠のいのちが神の御子のうちにあるということです。そういうわけで、神の子を信じる人にはいのちがあり、信じない人にはいのちがないのです。」

ある人は「すべての道が神に通じる」と言います。ある人は「誠実であれば、神は受け入れてくださるはずだ」と言います。しかし、聖書は明確に、イエス・キリストを信じることなく永遠のいのちはないと言います。ですから私たちはイエス・キリストを明確に宣べ伝えていく必要があります。

1ヨハネ 4:7-21

「愛する者たち。私たちは、互いに愛し合いましょう。愛は神から出ているのです。愛のある者はみな神から生まれ、神を知っています。愛のない者に、神はわかりません。なぜなら神は愛だからです。」(4:7,8)

イエス様が私たちに与えた戒めは互いに愛し合うことです。私たちは自分の愛の欠如に心を痛めますが、その愛の源は神だと聖書は言います。ですから、私たちが互いに愛し合うことを選ぶとき、神ご自身が私たちを助けてくださいます。

「私たちが互いに愛し合うなら、神は私たちのうちにとどまり、神の愛が私たちのうちに全うされるのです。」(12節新改訳二〇一七)

もし、神が私たちのうちにおられるなら、私たちは何も恐れる必要はありません。

「あなたがたのうちにおられる方が、この世のうちにいる、あの者よりも力があるからです。」(4節)

「キリストと共に歩む時、私たちの愛は成長し、いっそう完全なものとなっていきます。」(17節LB)