黙示録 16:1-21

「こうして彼らは、ヘブル語でハルマゲドンと呼ばれる所に王たちを集めた。」(16:16)

「ハルマゲドン」という言葉はよく曲解されます。「ハル」は丘という意味で、「マゲドン」はイスラエルにある「メギド」という地名です。ですから、「ハルマゲドン」とは「メギドの丘」という意味です。その場所に悪魔はやがて神に対抗しようと世界の軍勢を集めると言うことです。しかし、一瞬のうちに決着がつきます。神は絶対者、対立を絶つ存在、誰も神に立ち向かうことなどできません。私たち人間が謙遜に知らなければならないことがあります。それは、私たち人間は神になることは出来ないし、神に対抗できる者にもなれないということです。

「光はやみの中に輝いている。やみはこれに打ち勝たなかった。」(ヨハネ1:5)

今日はクリスマス・イブ。神の御子は闇のようなこの世に来られて永遠の光を灯されました。このお方を信じる者は闇の中を歩むことはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>