Ⅰ歴代誌 5章

「ハガル人およびこれとともにいた者はみな彼らの手に渡された。それは、彼らがその戦いのときに、神に呼ばわったからである。彼らが神に拠り頼んだので、神は彼らの願いを聞き入れられた。」(20節)

イスラエルのルベン族、ガド族、マナセの半部族は、ハガル人とその連合軍との戦いの時、ひたすら神に信頼し祈ったがゆえに、祈りが聞かれたと聖書は解説します。祈りは、「おまけ」ではなく、本質的に重要であると。ジョン・コーソン師はこう言います。「このことは私を励まします。なぜなら、祈るのに遅すぎることはないということだからです。」たとえ祈らずにはじめてしまって、戦いの中にいる自分に気づいてしまったとしても、遅すぎることはありません。今、私たちはイエス様の御名を呼び求めることができます。神は私たちの祈りに答えられます。祈るなら希望があります。「ひたすら神様に信頼していたので、祈りが聞かれ、ハガル人とその連合軍をみごとに打ち破ることができました。」(LB)

Ⅰ歴代誌 5章” への2件のコメント

  1. 教会で歴代誌を学んでいます。お説をじっくりと味わわせていただき感謝します。さっそく祈らせていただきました。先生のうえに主の豊かなる祝福をお祈りします。

  2. 歴代誌をいま、教会で学んでいます。お説をじっくりと味わわせていただきました、感謝します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>