詩篇 13篇

「私はあなたの恵みに拠り頼みます。私の心はあなたの救いを喜びます。」(13:5)

前半部分を直訳しますとこうなります。

私はあなたの信実の愛(へセド)を信頼します。

詩人は「主よ。いつまでですか。」と質問を繰り返します。

しかし、最終的に、彼は「それでも主の信実の愛を信頼します」と信頼することを決断したと言うのです。

私たちも、特にこのコロナ感染の問題は「主よ。いつまでですか。」と問いたい状況だと思います。

もちろん、その他にも「主よ。いつまでですか。」と問いたいことがいろいろあると思います。

聖書が私たちに教えていることは、大切なことは、理解できない現状に振り回されて生きるのではなくて、「主に信頼して生きていく」という姿勢を持ち続けると決断することです。

神の時にすべては美しくなります。

神はすべてのことを働かせて益としてくださいます。

主の信実の愛を信頼しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>