詩篇 12篇

「主は言われます。「苦しむ人が踏みにじられ貧しい人が嘆くから今わたしは立ち上がる。わたしは彼をその求める救いに入れよう。」」(12:5)

神は悩む人が踏みにじられているのをほうっておく事が出来ないお方です。

貧しい人の嘆きをそのままに出来ないお方です。

神は必ず立ち上がって行動を起こしてくださるお方です。

聖書を読むならば、神が行動を起こす時に、人を用いられることが分かります。

悩む人を助けるために、神は人を用いようとしておられることが分かります。

この世で苦しむ人々を救うために人を用いて、その力を現そうとしておられることが分かります。

主はその御目をもって全地を隅々まで見渡し、その心がご自分と全く一つになっている人々に御力を現してくださるのです。」(2歴代誌16:9)

私たちはどうでしょうか。神に用いられたいと願っているでしょうか。

主は言われます。

だれが、われわれのために行くだろうか。」(イザヤ6:8)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>