黙示録 17章

「彼らは子羊に戦いを挑みますが、子羊は彼らに打ち勝ちます。子羊は主の主、王の王だからです。子羊とともにいる者たちは、召されて選ばれた忠実な者たちです。」(17:14)

17章を理解する上には「大バビロン」(5節)を理解する必要があります。

そのためにはバビロンを理解する必要があります。

バビロンは「混乱」の象徴です。

創世記11章の「バベルの塔」のように、人が成し遂げようとすることは、自分たちの力の誇示であり、神に対抗することでした。

6節に「大バビロン」は、「クリスチャンを迫害することに酔いしれる」とあります。

宗教哲学的な人間組織、人間至上主義は結局、平気で人を迫害したり、殺したりするようになります。

人ではなく、私たちのために死に、よみがえられた神の子羊、イエス・キリストこそ私たちが高く掲げなければならないお方です。

このお方こそ王の王、主の主。今日は主の日。ともに主なる神に礼拝を捧げましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>