黙示録 16章

「こうして汚れた霊どもは、ヘブル語でハルマゲドンと呼ばれる場所に王たちを集めた。」(16:16)

聖書の中のことばで有名で、誤解されている言葉は「ハルマゲドン」だと思います。

「ハルマゲドン」は二つのヘブル語を組み合わせたもので、「ハル」は「丘」、「マゲドン」は、「メギド」というイスラエルの北部の地域の場所のことです。

この章にあるように、世の終わりに世界の国々はサタンにだまされて、イスラエルのメギドに世界の軍勢を集結させます。

しかし、神に対抗できるはずはありません。結局は、この後19章に出てきていますように、一方的に、天の軍勢に裁かれます。

「ハルマゲドン」と言いますと、すぐ、この世の終わりの善悪の戦いとしか考えられないと思いますが、今を生きる私たちにとっての「ハルマゲドン」は、サタンにだまされて、「神になろう」、「神に対抗しよう」とする人類の問題です。

神を神として認めることがまず大切なことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>