詩篇 52篇

「なぜ、おまえは悪を誇るのか。勇士よ。神の恵みは、いつも、あるのだ。」(1節)

私たちはこの世の悪に心を痛めます。悪が勝ち誇っているのを見ると、真面目に生きることが馬鹿らしく思えてしまいます。しかし、神の恵み、真実、あわれみは、いつもあるということに気づく必要があります。この詩の表題はこのようになっています。

「エドム人ドエグがサウルのもとに来て、彼に告げて「ダビデがアヒメレクの家に来た。」と言ったときに」。

ダビデは、サウル王から命を狙われていました。アヒメレクの所に逃げたことを、ドエグが密告しました。ダビデは、「安全な場所はどこにもない、誰も信頼することができない」という気持ちになっていたと思います。そんな中で、ダビデは歌います。

「私は、世々限りなく、神の恵みに拠り頼む。」

確かに、「神の恵み」があるように思える状況にはないかもしれません。しかし、それでもなお、「神の恵みは、いつも、あるのだ」と信仰の宣言をしていくことが大切なのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>