詩篇 53篇

「愚か者は心の中で「神はいない。」と言っている。彼らは腐っており、忌まわしい不正を行なっている。善を行なう者はいない。」(1節)

聖書は、一部だけでなく、全体の文脈を通して読み必要があります。今日の箇所に「神はいない」という言葉が出てきますが、前後関係を見れば分かるように、それは、愚かな者が言うことです。実際、「無神論者」になるのには、相当な信仰が必要です。それこそ、ゴミの山からロボットが突然生まれてくることを信じられるほどの信仰が必要です。考える必要があることは、神を否定したからといって、問題が解決するわけではないということです。多くの場合、「神を信じない」という人の神観は、聖書の神観とはまったく異なります。「あなたが信じない「神」とは、どういう「神」ですか」と尋ねたなら、私たちも信じていない「神」であることが多々あります。聖書の神は、この天地万物を創造し、統べ治められ、私たちを愛される三位一体なる神です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>