使徒 8章

「するとその人は、「導いてくれる人がいなければ、どうして分かるでしょうか」と答えた。そして、馬車に乗って一緒に座るよう、ピリポに頼んだ。」(8:31)

エチオピア人の女王カンダケに仕えていた宦官が、礼拝のためにエルサレムに上ってきたと言う意味は、彼がユダヤ教に改宗していたと言うことです。

彼の熱心さは、その帰りにイザヤ書53章を音読していたことからも伺い知ることができます。

しかし、彼は文字が読めても、その語る意味を理解することができませんでした。

なぜなら、

ピリポは口を開き、この聖書の箇所から始めて、イエスの福音を彼に伝えた。」(8:35)

とあるように、聖書はイエス・キリストの福音を知らなければ理解できないからです。

しかし、聞いたことのない方を、どのようにして信じるでしょうか。

宣べ伝える人がいなければ、どのようにして聞くでしょうか。

信仰は聞くことから始まります。

私たちは伝え続ける必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>