使徒 9章

「彼が「主よ、あなたはどなたですか」と言うと、答えがあった。「わたしは、あなたが迫害しているイエスである。」(9:5)

キリスト者になる前のパウロ(サウロ)は、キリスト教徒を迫害していました。

ダマスコにある教会を迫害しに行く道の途中、イエス様が現れました。

あなたはどなたですか

と尋ねると、

わたしは、あなたが迫害しているイエスである。

と答えられました。

パウロが迫害していたのは教会であり、キリスト教徒でした。

しかし、イエス様はご自身を教会と同一視されました。

教会を迫害するのは、イエス様を迫害するのと同じだと。

教会は不完全な人間の集まりですから、問題がないわけではありません。

しかし、イエス様はそんな欠けだらけの教会を、ご自分と同一視されたのです。

ですから、教会を軽視することは、イエス様を軽視することと同じです。

目に見える教会を愛することが出来なければ、目に見えない神を愛することはできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>