使徒 7章

「このモーセが、イスラエルの子らにこう言ったのです。『神は、あなたがたの同胞の中から、私のような一人の預言者をあなたがたのために起こされる。』」(7:37)

ステパノのメッセージは、

『あのナザレ人イエスは、この聖なる所を壊し、モーセが私たちに伝えた慣習を変える』と彼が言うのを、私たちは聞きました。」(6:14)

という証言に対する弁明でした。

ステパノのポイントは、そもそもモーセが指し示したのがイエス・キリストであると言うことでした。

そして、ステパノはイスラエルの歴史を通してユダヤ人たちが、

いつも聖霊に逆らっています。」(51節)

と言う現実を突きつけました。

しかし、宗教指導者たちは悔い改めるどころか、激昂してステパノに石を投げつけて殺してしまいます。

彼らは自分たちは正しいと思っていたからこそ、ステパノの言葉が許せなかったのだと思います。

へりくだって、聖書のメッセージに耳を傾けることができますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>