ルカ 11章

「しかし、わたしが神の指によって悪霊どもを追い出しているのなら、もう神の国はあなたがたのところに来ているのです。」(11:20)

「神の国」は「神の主権が行使されている領域」を指します。

ですから、悪霊が追い出されている現実は、神の主権が行使されていることを表します。

「イエス様の御名」によって祈ることに意味があるのは、「神の国」がすでに、この地に来ているからです。

もちろん、完全な神の国となるのは、この世の終わり、イエス様が再臨されてからの話です。

しかし、イエス様がこの地に来てくださり、十字架で罪の呪いに勝利されたがゆえに、神の国はすでに来ています。

ですから、私たちは神の国の力がこの地に解き放たれるように祈ります。

神の癒しの力が解き放たれるように祈ります。

「神の国があなたがたのところに来ている証拠」(LB)として、神は御業を表して下さいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>