ヨブ記 21章

「しかし、彼らは神に向かって言う。「私たちから離れよ。私たちは、あなたの道を知りたくない。全能者が何者なので、私たちは彼に仕えなければならないのか。私たちが彼に祈って、どんな利益があるのか。」と。」(14、15節)

  ヨブの悩みは、信仰者の悩みでもあります。神を追い出し、神にかかわるのはまっぴらごめんだと思っているような人が、栄えているように見える時、私たちの心は穏やかでなくなります。自分の状況がヨブのように良くないのに、

「全能の神様だって?いったいだれのことだい。だいたい、なぜ神様なっかに従わなきゃならんのかね。たいしたご利益もないのに。」(LB)

と言う人が恵まれた生活をしているのを見る時、誠実に信仰生活を送ることが空しく見えてしまうことがあります。

しかし、ここにヨブ記のテーマがあります。私たちの動機の問題です。私たちはどうして神を信じ、祈るのか。ご利益がなければ、祈らないというレベルの信仰なのか。本物の信仰者とは何か。

※ 明日の第三礼拝(18時から)は、町田でもたれる合同聖会に合流するためお休みです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>