ヨブ記 22章

「さあ、あなたは神と和らぎ、平和を得よ。そうすればあなたに幸いが来よう。」(21節)

 ヨブ記の大部分は、三人の友人たちのスピーチと、それに対するヨブの応答です。それぞれ三回ずつ、因果応報が絶対という観点からヨブを説得します。22章はエリファズの三度目のスピーチです。

「罰を受けているのは、あんたが正しいからだろうか。とんでもない。悪いからこそ、罰せられるのだ。あんたの罪は底なしの沼だ。」(4,5LB)

「神様に口答えするのはよしたまえ!いさぎよく仲直りしろよ。そうしたら、気が楽になるぞ。まちがっていたことを素直に認めれば、神様のいつくしみがある。」(21LB)

因果応報が絶対という観点から、ヨブを断罪しています。エリファズの声は、私たちがどこからか耳にする声でもあると思います。

「病気になるのは、問題が起こるのは、あなたが悪いことをしたからだ。」

しかし、必ずしもそうとは限りません。

それでもなお主に信頼し、善を行ないますかと問われているのかもしれません。

※ 本日のSSCの第三礼拝(18時から)は、町田の合同聖会に合流するためお休みです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>