創世記 25:1-26:35

「イサクはそこから移って、ほかの井戸を掘った。その井戸については争いがなかったので、その名をレホボテと呼んだ。そして彼は言った。「今や、主は私たちに広い所を与えて、私たちがこの地でふえるようにしてくださった。」」(26:22)

イサクは父アブラハムの時代に掘られた井戸を掘り直しました。しかし、掘るたびにその所有権をめぐって争いが起こりました。それで、別の場所に移っては掘りました。そして、ついに争いがない井戸を掘り当てました。そして、彼は言います。

「とうとう主は、広々とした場所を与えてくださった。もう大丈夫だ。これからはここで繁栄していこう。」(LB)

イサクは、争いのない井戸を見つけるまで、あきらめずに井戸を掘り続けました。私たちも、あきらめずに神が備えられた井戸を掘り当てるまで、井戸を掘り続けていこうではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>