マルコ8:14-9:1

「するとイエスは、彼らに尋ねられた。「では、あなたがたは、わたしをだれだと言いますか。」ペテロが答えてイエスに言った。「あなたは、キリストです。」」(8:29)

周囲の人が何と言っているかよりも、私たち自身がイエス・キリストを誰だと考えているかが重要です。ある十代の少年が小さな教会に入ると、牧師がこう言いました。

「青年よ、君は悩んでいます。君はキリストを見上げない限り、その苦悩から逃れることは決してできません。仰ぎ望め、仰ぎ望め、ただ仰ぎ望むのです。」

その時、この少年はあたかも電気に打たれたかのように感動しました。イエス・キリストを仰ぎ望むことにすべての答えがあることが分かったからです。彼はやがてイギリスを代表する牧師になりました。彼の名はチャールズ・ハドン・スポルジョン。説教者のプリンスと呼ばれます。

今日は主の日。共に、主を仰ぎ見、主に礼拝を捧げましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>