ゼパニヤ書 1章

「その時、わたしは、ともしびをかざして、エルサレムを捜し、そのぶどう酒のかすの上によどんでいて、「主は良いことも、悪いこともしない。」と心の中で言っている者どもを罰する。」(12節)

ゼパニヤは、バビロン捕囚前の最後の預言者です。この書は、悲しみで始まり、歌で終わります。今日の箇所は、悲しみの部分です。神を信じていた当時の人の中に、

「主は良いことも、悪いこともしない」、

つまり、自分たちの日常生活に関心もなく、関わりもされないと考え、罪にどっぷりつかっていた人たちがいました。キリスト教会も、気をつけないと同じ失敗を繰り返す可能性があります。イエス・キリストは、ただ2000年前に生きておられただけではありません。十字架にかかり死なれましたが、よみがえられて、今も、生きておられます。イエス・キリストは私たちを愛しておられ、私たちを気にかけておられ、今、私たちに良き働きをされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>