箴言 29章

「幻がなければ、民はほしいままにふるまう。しかし律法を守る者は幸いである。」(18節)

新共同訳では前半部分をこう訳しています。

「幻がなければ民は堕落する。」

「幻」は、いわゆる「ビジョン」だと考えることができますが、英語の訳で「啓示」と訳しているものもあるように、これは「天からのビジョン」という意味です。神様からのビジョンがなければ人は堕落してしまう、人はわがままになってしまうということです。ですから、私たちは常に、神様のみこころは何か、神様のビジョン、天からのビジョンを求めて生きていく必要があります。興味深いことに後半部分を新共同訳ではこう訳しています。

「教えを守る者は幸いである。」

神様からビジョンは、聖書の教えの中にあります。ですから、日々、聖書を読む中で、神様のビジョンを受け止めて、そのみことばに生きることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>