詩篇 79篇

「私たちの救いの神よ。御名の栄光のために、私たちを助けてください。御名のために、私たちを救い出し、私たちの罪をお赦しください。」(9節)

詩人は、自分が神の助けを受けるにふさわしいものでないという自覚がありました。もっとも神の義の前では、誰一人ふさわしい人はいません。すべての人は神の目には罪人です。ですから、詩人の希望は、神の御名、すなわち、神のご性質にありました。神のお名前が、「救いの神」であるがゆえに、神のご性質が、あわれみ深く、恵み深くあられるがゆえに、私たちを助け、救い出し、私たちの罪をお赦しくださいと祈ることができました。イエス・キリストの十字架を見上げる時、私たちは、このことを意識する必要があると思います。神の御名の栄光のために、私たちは助けられ、救い出され、罪赦されたのです。ですから、私たちはすべての栄光を神にお返しします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>