詩篇 80篇

「イスラエルの牧者よ。聞いてください。ヨセフを羊の群れのように導かれる方よ。光を放ってください。ケルビムの上の御座に着いておられる方よ。」(1節)

イスラエルの人々にとって牧者は「王」の象徴でした。しかし残念ながら、イスラエルの国に君臨してきた王たちは、牧者とは呼べない指導者たちでした。イエス・キリストは言いました。

「わたしは、良い牧者です。」(ヨハネ10:11)

これは、今日のみことばの成就として、イエス・キリストは来られたという意味です。ケルビムは、神の御前で仕えている天使たちのことです。神は御子イエス・キリストを遣わしてイスラエルの牧者、王となられました。真理の光は放たれました。王なるイエスは私たちを神の恵みの御座へと導いてくださっています。

「ですから、私たちは、あわれみを受け、また恵みをいただいて、おりにかなった助けを受けるために、大胆に恵みの御座に近づこうではありませんか。」(ヘブル4:16)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>