ヨブ記 4章

「あなたの望みはあなたの潔白な行ないではないか。」(6節)

ヨブの友人、エリファズのことばに、私たちが学ぶべき間違った考え方が出てきます。彼は言います。

「さあ思い出せ。だれか罪がないのに滅びた者があるか。どこに正しい人で絶たれた者があるか。私の見るところでは、不幸を耕し、害毒を蒔く者が、それを刈り取るのだ。彼らは神のいぶきによって滅び、その怒りの息によって消えうせる。」(4:7-9)

エリファズのポイントは、

①神は全能で義なるお方。

②苦しみは人間の罪の結果。

③したがって、苦しみは罪の報い。

④ヨブが苦しんでいるのはヨブが罪人だから。彼が隠れた罪を告白したら、回復するはず。

しかし、ヨブ記の前提は、ヨブは正しい人であり、ヨブには問題がないということです。ヨブ記のテーマは「義人がどうして苦しむか?」ということなのです。エリファズの発言は、人間の知恵の限界を示します。自分が神でないことを認めることは大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>