ヨブ記 3章

「なぜ、私は、胎から出たとき、死ななかったのか。なぜ、私は、生まれ出たとき、息絶えなかったのか。」(11節)

苦しみの中からヨブがだした疑問、それは、私たちの心の叫びかもしれません。どうして、今、ここに存在しているのか?はっきり言えることがいくつかあります。それは、

まず第一番目に、神がそう望まれたから私たちは今存在しているのです。

この世には、聖書的に言えば望まれないで生まれてきた人は一人もいません。神がそう望まれたから、みんな存在しているのです。

そして、第二番目に、神は一人一人に目的をもっています。

ヨブのように、自分の存在を否定したくなってしまった時、神のみことばに、耳を傾けましょう。

「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。」(イザヤ43:4)

今、あなたが息をしていることには意味があると神は言われます。たとえ誰も自分の存在価値を認めてくれなくても、神の目にはあなたは高価で尊いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>