2列王記 18章

「彼は高き所を取り除き、石の柱を打ちこわし、アシェラ像を切り倒し、モーセの作った青銅の蛇を打ち砕いた。そのころまでイスラエル人は、これに香をたいていたからである。これはネフシュタンと呼ばれていた。」(4節)

荒野を旅していたイスラエルの民が、民数記二一章で、神にぶつぶつ文句を言い始めた出来事が記されています。神が彼らをマナで養っていたのに、彼らは言いました。「私たちはこのみじめな食物に飽き飽きした。」(5節)それで神は燃える蛇を送り、多くのイスラエルの人々が蛇に噛まれて死にました。モーセは、神が命じられたように一つの青銅の蛇を作り、人々がその青銅の蛇を見上げると、生きました。しかし、イスラエルの人々は、今度はその青銅の蛇を礼拝するようになっていました。神の約束に対する信仰が彼らをいやしたのであって、青銅の彫像物がいやしたわけではありません。道具を崇めていないでしょうか。

※ 本日、JR港南台駅 高島屋前で、キャロリングを行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>