2列王記 17章

「彼らは今日まで、最初のならわしのとおりに行なっている。彼らは主を恐れているのでもなく、主が、その名をイスラエルと名づけたヤコブの子らに命じたおきてや、定めや、律法や、命令のとおりに行なっているのでもない。」(34節)

17章は北イスラエル王国の滅亡について記されています。神に背を向け続けた北王国は、アッシリヤ帝国に滅ぼされ、アッシリヤ帝国に連れ去られてしまいます。そしてこの北王国、すなわちサマリアの町々には他国の人々が移住させられました。移住した人々は、神を礼拝する方法を教えられます。しかしそれは、形式的なものだったことが記録されています。信仰生活も、気をつけないと以前からの風習を踏襲するだけの形式的なものに陥る可能性があります。私たちは神が何と語られているか、真剣に、一人一人が神のみことばである聖書に耳を傾け、生ける神に出会う必要があります。伝統や伝承の継承ではなく、生ける神との出会いが求められています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>