2列王記 16章

「アハズ王がアッシリヤの王ティグラテ・ピレセルに会うためダマスコに行ったとき、ダマスコにある祭壇を見た。すると、アハズ王は、詳細な作り方のついた、祭壇の図面とその模型を、祭司ウリヤに送った。」(10節)

アハズ王は、アッシリヤ帝国の力の背後に神々の存在があると考えました。それで、アッシリヤ帝国と同じ神々を礼拝すればイスラエルの国も繁栄すると短絡的に考えます。悲しいことに、祭司たちもそれに従い、生ける神の神殿はアッシリヤ帝国の神々のために変えられてしまいます。問題の根底にあったのは、神を神とせず、自分の益のために利用できるかどうかとしか見ていなかったという姿勢です。そのような姿勢だったから、自分の思い通りにならなければ、簡単に神を乗り換えてしまったのです。十字架にかかられた生ける神は、私たちの思い通りにはなりません。神は神であり、人は人です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>