2列王記 15章

「彼はすべて父アマツヤが行なったとおりに、主の目にかなうことを行なった。」(3節)

15章は、ユダとイスラエルの王たちの事跡が次々とわずかな言葉によってまとめられています。一人一人の人生には様々な出来事があったはずです。しかし、どんな王の人生も数行で片付けられています。榎本保郎師はこう言います。

「しかし、聖書はそうした王たちの事跡を記しながら、最後に必ず彼が神に対してどのように生きたかを記している。このことは私たちの人生にとって何が最も重要なことであるかを示しているのではなかろうか。」

人生は結局のところ、私たちが神に対してどのように生きたかが問われます。さらに榎本師はこう言います。

「しかし、そうした生き方は見よう見まねによることが多い。」

アザルヤ(ウジヤ)は主の目にかなうことを行いましたが、父が行なったとおりにと聖書は言います。私たちの生き様が、次世代に影響を与えることを心にとめたいと思います。

今日はクリスマス特別礼拝。共に主のご降誕をお祝いしましょう。

※第二礼拝の後、祝会をもちます。第三礼拝は、お休みです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>