コリント 14章

「ただ、すべてのことを適切に、秩序をもって行ないなさい。」(40節)

使徒パウロのポイントは40節にまとめられています。

「何事も適切に秩序正しく行うようにしなさい。」(LB)

コリント教会の問題は、極端で、混乱していたということです。教会の中で、誰もが好き勝手なことを言ったり、行ったりしたら大変です。33節にこうあります。

「神様は、無秩序や混乱の神ではなく、秩序と平和の神だからです。」(LB)。

私たちの教会は、極端にならないように、バランスを大事にしています。教会の中だけでなく、様々な所でもこの原則を適用することができると思います。神は秩序と平和の神ですから、どんなことにおいても、適切に秩序正しく行うことを心がけることは神が喜ばれることです。自分が遣わされているその場所で、極端になって混乱をもたらせる者ではなく、秩序と平和をもたらすことができますように。

※ 明日の第三礼拝(18時から)は、清水が丘教会でもたれるマイケル・W・スミスのコンサートに合流するため、お休みです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>