ヨシュア 19章

「この地について地域ごとに、相続地の割り当てを終えたとき、イスラエル人は、彼らの間に一つの相続地をヌンの子ヨシュアに与えた。彼らは主の命令により、ヨシュアが求めた町、すなわちエフライムの山地にあるティムナテ・セラフを彼に与えた。彼はその町を建てて、そこに住んだ。」(49,50節)

イスラエルの各部族の相続地の割り当てが終了しました。モーセの後継者として走り続けてきたヨシュアにとっては、大きな責任を果たし、ほっとしたことと思います。この箇所では、そんな指導者ヨシュアに、イスラエルの人々が相続地を贈ったということが記されています。鍋谷師はこんなことを言っています。

「普通、教会の指導者は、その犠牲と功績が大きくても、すぐ忘れ去られるが、ここに神ご自身示されたこのような例外例は、忘恩の現代人に対する大きな警告となっている。」

主のためにその人生を捧げられた教会の指導者たちを覚えたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>