ヨハネ 6章

「わたしが天から下って来たのは、自分のこころを行うためではなく、わたしを遣わした方のみこころを行うためです。わたしを遣わした方のみこころは、わたしに与えて下さったすべての者を、わたしがひとりも失うことなく、ひとりひとりを終わりの日によみがえらせることです。」(38‐39節)

神様の御心をわたしたちはどのようにして知ることが出来るでしょうか。聖書を読むと、イエス様が一人さびしい場所で祈っておられた、という記事がいくつも出てきます。そこは、雑音のない空間。神様と一対一で過ごす特別な時間であったと思います。わたしたちが生きる現代は、音を遮断することがとても難しいと思います。けれども様々な情報や声があふれる中で時間を取り、静まって神様の御前に出ることができなければ、御心が分かるはずがありません。御心や導きが分からない、と嘆く前にまず、主との静かな時間を取ることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>