レビ記 27章

「もしその者が貧しくて、あなたの評価に達しないなら、その者は祭司の前に立たせられ、祭司が彼の評価をする。祭司は誓願をする者の能力に応じてその者の評価をしなければならない。」(8節)

定められた評価に達しない人は、祭司に申し出るように求められています。ですから、今、自分の価値を見失っているならば、私たちの大祭司、イエス・キリストに申し出るべきです。自分の能力の乏しさ、自分の存在意義に苦しんでいるならば、大祭司、イエス・キリストの評価を受けるべきです。聖書は言います。

「私たちの大祭司は、私たちの弱さに同情できない方ではありません。罪は犯されませんでしたが、すべての点で、私たちと同じように、試みに会われたのです。ですから、私たちは、あわれみを受け、また恵みをいただいて、おりにかなった助けを受けるために、大胆に恵みの御座に近づこうではありませんか。」(へブル4:15,:16)

イエス・キリストの評価は、

「わたしの目には、あなたは高価で尊い。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>