レビ記 10章

「さて、アロンの子ナダブとアビフは、おのおの自分の火皿を取り、その中に火を入れ、その上に香を盛り、主が彼らに命じなかった異なった火を主の前にささげた。すると、主の前から火が出て、彼らを焼き尽くし、彼らは主の前で死んだ。」(1,2節)

聖なることに携わる時は、畏れをもってする必要があります。どんなに教会の敷居を低くしたとしても、聖なることに対する畏れを忘れてサークルのようになってしまうならば、神はそのような教会を祝福されることはありません。そのように異なった火を捧げるような働き人を、神は裁かれずにおられることはありません。神は恵み深いお方ですが、同時に聖なるお方です。私たちはそのことをしっかりと受け止めて、聖なる畏れをもって神に仕える必要があります。
「聖なる主よ、聖なる畏れをもってあなたに仕えていくことができますように。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>