ルカ 8章

「イエスは彼らに、「あなたがたの信仰はどこにあるのです。」と言われた。弟子たちは驚き恐れて互いに言った。「風も水も、お命じになれば従うとは、いったいこの方はどういう方なのだろう。」」(25節)

弟子たちは、イエス様と共に、湖の向こう岸に渡りました。イエス様が

「さあ、湖の向こう岸へ渡ろう。」

と言われたからです。しかし、その道の途中で突風が吹き下ろしてきて、水をかぶって危険になりました。それで、弟子たちは眠っていたイエス様を起こして言いました。

「先生、先生。私たちはおぼれて死にそうです。」

するとイエス様は起きて風と荒波をしかりつけ、風も波も治まりました。

イエス様のみことばに従順して、イエス様と共に歩んでいても、突風が吹くことがあり得るということだと思います。しかし、イエス様が導かれたならば、イエス様が最後まで導いてくださることを信じる必要があります。

今年も一年間、今日まで導かれたことを感謝します。

明日は、13時半より、新年礼拝です!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>