創世記 36章

「これはエサウ、すなわちエドムの歴史である。」(1節)

この箇所の重要なポイントは、「エサウ」は「エドム」だということです。ヘロデ王がエドム人だったということも重要ですが、この民族の存在自体が、イスラエルの歴史に密接に関係しています。旧約聖書のオバデヤ書は、エドムについての預言です。

「オバデヤの幻。神である主は、エドムについてこう仰せられる。私たちは主から知らせを聞いた。使者が国々の間に送られた。「立ち上がれ。エドムに立ち向かい戦おう。」」(1節)

エドムが裁かれる理由はこのように記されています。

「あなたの兄弟の日、その災難の日を、あなたはただ、ながめているな。ユダの子らの滅びの日に、彼らのことで喜ぶな。その苦難の日に大口を開くな。」(12節)

エサウはヤコブの兄でした。エドムはイスラエルにとって兄のような存在のはずでした。しかし、イスラエルが危機的な時、助けようとしなかったことが裁きの対象だと言います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>