創世記 37章

「見ろ。あの夢見る者がやって来る。さあ、今こそ彼を殺し、どこかの穴に投げ込んで、悪い獣が食い殺したと言おう。そして、あれの夢がどうなるかを見ようではないか。」(19,20節)

ヨセフは「夢見る者」と呼ばれ、迫害されました。もっともヨセフが未熟で、配慮なしに語ったことや、また、父親の偏愛がその理由だったと思います。兄たちはヨセフを殺して、夢の実現を阻もうとしました。彼らはヨセフを殺しはしませんでしたが、ミデヤン人の商人に売り飛ばしてしまいました。しかし、ヨセフの夢の実現を阻むものは何もありませんでした。神の夢は時が来れば実現します。夢を阻もうとした兄たちはへりくだらされ、ヨセフはその兄たちに言います。

「あなたがたは、私に悪を計りましたが、神はそれを、良いことのための計らいとなさいました。」(50:20)

神に不可能はありません。

「神の夢を見る者として生きていくことができますように。」

以下のユーチューブでCGNTVリビングライフが見れます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>