アモス 3章

「ふたりの者は、仲がよくないのに、いっしょに歩くだろうか。」(3節)

神と共に歩みたいのならば、神との関係を築き上げることが大事です。LBはこう訳しています。

「だれが悪いことをしている者と、仲良く肩を並べて歩けるだろうか。」

つまり、神に合わせてもらうのではなく、私たちの側が神に合わせる姿勢が必要ということです。神に信頼して、神に委ねる姿勢がなければ、神と共に歩むことはできません。もっとも、神の方が、私たちの方に歩み寄られました。神の子、イエス・キリストは、私たちが一緒に歩くことができるように、私たちのすべての罪を背負って十字架にかかり、死んでくださいました。そして、イエス様は言います。

「わたしはやさしく、謙そんな者ですから、それこそ負いやすいわたしのくびきを、わたしといっしょに負って、わたしの教えを受けなさい。そうすれば、あなたのたましいは安らかになります。」(マタイ11:29LB)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>