アモス 2章

「わたしは、あなたがたの子たちから預言者を起こし、あなたがたの若者から、ナジル人を起こした。イスラエルの子らよ。そうではなかったのか。―主の御告げ。―それなのに、あなたがたはナジル人に酒を飲ませ、預言者には、命じて、預言するなと言った。」(11, 12節)

ナジル人とは、ある期間特別の仕方で神に仕えることを約束した人です。その期間は、30日から全生涯までさまざまでしたが、髪を切らず、お酒を飲むことをしませんでした。ですから、ここで酒をナジル人に飲ませたということは、罪を犯させたということです。聖書は言います。

「確かに、キリスト・イエスにあって敬虔に生きようと願う者はみな、迫害を受けます。」(Ⅱテモテ3:12)

この世界で敬虔に生きようとする中で、邪魔や誘惑があることを心に留める必要があります。しかしたとえ失敗しても、神はセカンドチャンスの神ですから、神の恵みに支えられながらあきらめないことも大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>