アモス 4章

「見よ。山々を造り、風を造り出し、人にその思いが何であるかを告げ、暁と暗やみを造り、地の高い所を歩まれる方、その名は万軍の神、主。」(13節)

 聖書の神は、

「山を造り、風を創造し、人にその思いのいかなるかを示」(口語訳)す

と言います。英訳では

「彼の思いを人類に現わす」(NLT)

と訳します。

「神の思い」はどのように現わされたのでしょうか?

「初めに、ことばがあった。ことばは神とともにあった。ことばは神であった。」(ヨハネ1:1)

つまり、イエス・キリストを通して現わされました。

イエス・キリストは、私たちの罪のために死なれるためだけでなく、神がどういうお方か現わすために来られました。

私たち人間は、すぐ、自分なりの神々を作り上げてしまいます。

ですから、

「ことばは人となって、私たちの間に住まわれ」(ヨハネ1:14)る

必要がありました。

私たちは、イエス・キリストに現わされた神を受け入れることが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>