アモス 1章

「テコアの牧者のひとりであったアモスのことば。これはユダの王ウジヤの時代、イスラエルの王、ヨアシュの子ヤロブアムの時代、地震の二年前に、イスラエルについて彼が見たものである。」(1節)

 アモスは、南ユダ王国に住む牧者でした。つまり、訓練を受けた預言者でも、地位のある指導者でもありませんでした。しかし、神はアモスを呼び、語り、用いました。聖書に、こういう箇所があります。

「神様は、この世では愚か者、無価値な者と思われている人々を、わざわざお選びになりました。それは、この世で知恵ある者、立派な人とされている人々を辱めるためです。神様は、いわゆるこの世で見下されている者、全く取るに足りない者を選び、そんな人々を役立てることによって、世間では大物と言われる人を、なきに等しい者とされたのです。ですから、どこのだれであっても、神の御前で自慢することはできません。」(Ⅰコリント一・二七‐二九LB)

どんな人でも、その心が神と一つとなっている人を、神は用いられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>