エゼキエル 14章

※ 栄シャローム福音教会の前の通りもまだ雪に覆われていて、チェーンか専用タイヤでなければ車は難しいと思います。足元も悪くなっていますので、礼拝に来られる方は、お気をつけください。

「たとい、そこに、ノアとダニエルとヨブがいても、―わたしは生きている。神である主の御告げ。―彼らは決して息子も娘も救い出すことができない。彼らは自分たちの義によって自分たちのいのちを救い出すだけだ。」(20節)

ノアは、旧約聖書で、箱舟を造って彼と彼の家族と家畜を救うのに用いられた人物です。ダニエルは、エゼキエルと同時代の預言者です。ヨブは、旧約聖書のヨブ記に出てくる義人と呼ばれた人物です。神様は、そんな旧約聖書に出てくる代表的な人物であっても、自分の家族さえ救うことはできないと言います。ですからなおさら私たちには、誰かを救うことなどできるはずがありません。自分する自分で救うことはできないのです。ですから、神の子、イエス・キリストは、私たちのためにこの地に来て、私たちの身代わりとなって十字架で死に、葬られ、よみがえる必要がありました。イエス・キリストだけが救い出すことができます。今日は主の日。主を礼拝しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>