詩篇 120篇

 「苦しみのうちに、私が主に呼ばわると、主は私に答えられた。」(1節)

 詩篇120篇から134篇は、「都上りの歌」と呼ばれ、祭りの時などにエルサレムに向かう中で歌われました。120篇は、神の都から一番離れたところからはじまります。私たちが生きている日常の中で、主の臨在を渇望する姿が記されています。

「平和を愛する私に、彼らは挑戦的で、そのどなり声に私の声もかき消されてしまいます。」(7節LB)

時々、そんな詩人の気持ちが分かるのではないでしょうか。毎週日曜日、私たちは日常から離れて、神の臨在を求めて教会に集います。そして、神の臨在は確かに教会の中にあります。

「教会は、キリスト様の体であって、すべてを造り、すべてを満たすキリスト様の霊が満ちあふれる場所です。」(エペソ1:23LB)

「主よ、教会がいつもあなたの臨在で満たされていますように。あなたの平和で満ちあふれていますように。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>