ルカ 24章

「そしてイエスは言われた。「わたしがまだあなたがたと一緒にいたころ、あなたがたに話したことばはこうです。わたしについて、モーセの律法と預言者たちの書と詩篇に書いてあることは、すべて成就しなければなりません。」」(24:44)

ヘブル語の旧約聖書は三つの部分に分かれています。

モーセの律法(トーラー)と呼ばれる最初の五書。

ヨシュア記から列王記、イザヤ書からマラキ書までの預言者たちの書と呼ばれる預言書。

そして、詩篇に代表されるヨブ記から雅歌の諸書。

つまり、イエス様が言いたかったことは、旧約聖書が指し示しているのはイエス様のことであり、そして、その全てがイエス様にあって成就するということです。

具体的には46節以下でこのように言います。

次のように書いてあります。『キリストは苦しみを受け、三日目に死人の中からよみがえり、その名によって、罪の赦しを得させる悔い改めが、あらゆる国の人々に宣べ伝えられる。』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>