マタイ 4章

「イエスはガリラヤ全域を巡って会堂で教え、御国の福音を宣べ伝え、民の中のあらゆる病、あらゆるわずらいを癒やされた。」(4:23)

イエス様の働きの特徴は三つありました。

一つ目は、会堂で教えること。

もちろん、ユダヤ人会堂(シナゴーグ)で教えられたという意味は、聖書を教えられたと言うことです。会堂では聖書が朗読され、その解説があり、祈りが行われていたからです。

二つ目は、御国の福音を宣べ伝えること。

「御国」とは「神の統治(支配)」を意味します。

良い知らせ(福音)を伝える人の足は、山々の上にあって、なんと美しいことか。平和を告げ知らせ、幸いな良い知らせを伝え、救いを告げ知らせ、「あなたの神は王であられる」とシオンに言う人の足は。」(イザヤ52:7)

三つ目は、あらゆる病、あらゆるわずらいを癒されたこと。

神の統治(支配)は癒しの御業によって現されました。

イエス・キリストは今も、生きて、働かれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>