ルカ 18章

「いつでも祈るべきで、失望してはいけないことを教えるために、イエスは弟子たちにたとえを話された。」(18:1)

聖書は明確に、絶えず祈り、祈ることをやめてはいけないことを教えています。

神は私たちの祈りを聞き、私たちの祈りを用いられるお方だからです。

裁判官とやもめのたとえ話は、たとえ話のゆえに大袈裟に描かれています。

裁判官の道徳的な問題に引っかかってはいけません。

たとえはたとえでしかないからです。

大事なポイントはやもめのようにあきらめないことです。

イエス様は言われました。

「ただ問題は、メシヤのわたしが帰って来る時、いったいどれだけの人が信仰を持って祈り続けているかです。」(8節LB)

私たちはこの世の常識に打ち負かされて、神への期待を失い、祈ることをあきらめていないでしょうか。

今は恐れの時ではありません。

信仰の時です。

いつも喜び、絶えず祈り、全てのことを感謝しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>