ルカ 13章

「そこで、イエスはこう言われた。「神の国は何に似ているでしょうか。何にたとえたらよいでしょうか。それはからし種に似ています。ある人がそれを取って自分の庭に蒔くと、生長して木になり、空の鳥が枝に巣を作りました。」」(13:18-19)

イエス様は、自分がしている神の国の働きは、小さなからし種に似ていると言いました。

それはたとえ小さく見えたとしてもやがて生長し、木になるような働きだと。

また、パン種のように、一見、効果がないように見えるけども、全体をふくらませるような働きだと。

一人の人が癒やされること、

一人の人が解放されること、

一人の人が救われること、

それは決して小さなことではありません。

神の国はそのように広がっていきます。

私たちは神様が導かれているその人が癒され、解放され、救われるように、心を注ぎ、祈っていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>