ルカ 9章

「しかし、イエスは振り向いて二人を叱られた。」(9:55)

イエス様は「叱る」ことがありました。

8章24節では、風と荒波を叱りつけられました。

4章41節では悪霊どもを叱りました。

もっとも、9章21節も原文では同じ単語ですが、新改訳2017では「戒め」と訳しています。

ですから、感情的に叱っているということではなく、その行為を終わらせる目的で真剣に話すと言う意味です。

イエス様は、弟子たちの次の発言に表される姿勢を終わらせようとしました。

「主よ。私たちが天から火を下して、彼らを焼き滅ぼしましょうか。」(54節)

ユダヤ人と対立関係にあったサマリア人が、イエス様を受け入れなかったことに対して、弟子たちは感情的になり、「滅んでしまえ」となったのです。

このような姿勢は終わらせなければなりません。

イエス様は、「だれも滅びることがなく、すべての人が悔い改めに進むことを望んでおられるのです。」(2ペテロ3:9)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>