詩篇 32篇

「わたしは、あなたがたに悟りを与え、行くべき道を教えよう。わたしはあなたがたに目を留めて、助言を与えよう。」(8節)

神様は、私たち一人一人を愛し、気にかけ、導いてくださるお方です。LBではこう訳しています。

「神様はこう言われます。わたしはあなたを教え、最善の人生航路へと導いてあげよう。助言を与えて、一歩一歩を見守ってあげよう。」

具体的には、日々、祈りつつ聖書を開き、読む中で、神様の語りかけを体験することができます。それは、時宜にかなった「みことば」を発見することかもしれません。または、神様ご自身が、私たちの内に働かれ、願いそのものが変えられることかもしれません。もちろん、特別な方法で導かれることを体験するかもしれません。しかし、

「くつわをはめなければ言うことを聞かない、馬やらばのようになるな!」(9節LB)

とあるように、思考を停止することではありません。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>