詩篇 31篇

「雄々しくあれ。心を強くせよ。すべて主を待ち望む者よ。」(24節)

 メッセージ訳では、こう訳しています。

「勇敢であれ、強くあれ、あきらめるな。神様がすぐここに来られることを期待しなさい。」(MSG)

神様が私たちに願われていることは、人生のどんな状況でも、神様に期待して生きるということです。

「だから強くあれ、勇敢であれ、主の内にあなたの希望をおく、すべての人よ」(NLT)

と訳しているものもあります。聖書は、神様に私たちの希望をおくように語っています。

私たちはどちらかというと「最初から期待しないほうが、がっかりしなくて済むだけましだ」と考えます。しかし、それは、神様が私たちに願われている生き方とは違います。神様が自分の思い通り動くことを期待すると、確かに、失望することがあると思います。神様の思いは、私たちの思いよりも高いからです。しかし、神様は私たちを愛しておられ、私たちに最善を与えられるということを期待して生きることは、神様が願われていることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>