詩篇119:49-56

「あなたのおきては私の旅の家で私の歌となりました。」(119:54)

「ザイン」(ז)から始まるアルファベットの詩。
「思い起こす」という意味の動詞「ザーカル」(זכר)が冒頭に三回繰り返されています。詩人は神に御言葉を「思い起こして」欲しいと訴えます。(49節)詩人にとって神の御言葉が「頼みの綱」(LB)だと。

「あなたはそれを待ち望むようにされたのです。あなたの仰せが私を生かす。これこそが苦しみの中の慰めです。」(協会共同訳)

神は私たちに、神の御言葉を待ち望むようにされました。希望と待つことはヘブル語では同じ単語です。聖書を開き、祈り、御言葉を読み、待ち望むことを通して、私たちは神の御言葉が私たちの人生に命を与える事を体験します。そして、

「これこそ悩みのときの私の慰め。」(50節)

という事を体験します。ですから、私たちは神の御言葉を歌に変え歌い続けます。

歌いつつ歩まん。ハレルヤ !

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>