詩篇 51:1-9

「神よ私をあわれんでください。あなたの恵みにしたがって。私の背きをぬぐい去ってください。あなたの豊かなあわれみによって。」(51:1)

詩篇51篇の表題に、

「指揮者のために。ダビデの賛歌。ダビデがバテ・シェバと通じた後、預言者ナタンが彼のもとに来たときに。」

とあるように、この詩の背後にあるのは、2サムエル記12章です。ダビデ王の祈りは、神が恵み深く、あわれみ深い方であるという神のご性質に基づくものでした。聖書は言います。

「もし私たちが自分の罪を告白するなら、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、私たちをすべての不義からきよめてくださいます。」(1ヨハネ1:9)

神は、恵み深く、あわれみ深く、真実で正しいお方ですから、私たちが罪を告白するならば、その罪を赦してくださいます。しかし、罪を軽く扱うことは許されていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>